耳栓がない時に代用できるものは?身近なもので簡単対処法

耳栓がない時に代用できるものは?

耳栓がない時に代用できるものってある?


と探している方


この記事では


  • 耳栓がない時に身近なもので手作り耳栓
  • 耳栓がない時に代用できるもの

についてお話していきます。


急に近所で工事が始まった時や子供たちが遊びに来た時などに、騒音がうるさくて集中できない!

意外に耳栓を常備しておらず、困ったことはありませんか?

耳栓がない時に身近なもので代用できるかどうかを検証してみます。

耳栓がない時に身近なもので手作り

耳栓がない時に身近なもので手作り

いざという時の防音対策にとっても役に立つ耳栓ですが、普段使う機会がなく持っていない方も多いのではないでしょうか。

うるさい音から耳を保護するために、応急処置として身近なもので耳栓を手作りしてみましょう。


テッシュで手作り耳栓

①ティッシュ1枚を真ん中で2つに裂く。

(ティッシュは薄い2枚が重なったまま。)

②片方のティッシュを縦に折れ目がつくように真ん中で折る。

更に折って縦長の4つ折り状態にする。

③折った状態で縦に細長いティッシュの先端に水をつける。

④水がついたところから巻く。

(自分の耳穴の大きさに合わせてティッシュの長さを切り、巻く長さを調整。)

⑤巻き終わったら再度水に浸す。

(この時耳に差し込む先を湿らせる。)

⑥もう片方のティッシュでも同様に行い、手作り耳栓の完成。


ティッシュは繊維の間に隙間があるので、水を浸すことで穴が埋まり防音効果が上がります。

水も振動数の関係で音が伝わりにくくなっているので、より遮音性は高まります。

しかし、あくまでも応急処置的になりますので、注意して使ってくださいね。


ラップで手作り耳栓

①ラップを10cm出して切り取る。

②端を4cmほど余らせて一度結ぶ。

③その下2cmほどの部分をもう一度結ぶ。

④下の結び目の根本で切る。

⑤上の余ったラップをほどき結び目にかぶせると、手作り耳栓の完成。


ラップの場合は、素材そのものが遮音効果を発揮してくれます。

ティッシュもそうですが、耳から取り出しやすいように、先端部分を指でつまめるようにしておくのがポイントです。

耳栓がない時に代用できるもの

耳栓がない時に代用できるもの

日常生活で急に音から逃れたくなった時に、手軽に使える防音グッズは耳栓です。

その耳栓がない時に代用できるものを探してみましたが…ありました!

ノイズキャンセリングイヤホンはご存知でしょうか?


・ノイズキャンセリングイヤホンとは

イヤホンやヘッドホンに搭載したマイクから外部の音を収集し、内部のデジタル回路で取り込んだ音の逆位相となる音を生成して、音楽と一緒に再生します。

こうすることで周囲の音を消し、音楽だけを聞くことができる仕組みのイヤホンです。


・ノイズキャンセリングイヤホンは耳栓の代わりになる?

耳栓代わりにもなるので音楽を聴く時以外にも使えて便利です。

ワイヤレスイヤホンなら、寝ている間にコードが絡まる心配もないので、耳栓としての機能もバッチリです。

突然のいびきがうるさくて眠れない時は、イヤホンで音を遮断してみるのもいいですよ。

EarZzzの耳栓は>>こちら


まとめ

耳栓がない時に身近なもので手作り耳栓と耳栓がない時に代用できるものについてご紹介しました。


  • 耳栓がない時に身近なもので手作り耳栓は、ティッシュやラップを使用する
  • 耳栓がない時に代用できるものは、ノイズキャンセリングイヤホンがある

いつもは我慢できていた音が、今日は気になって集中できない!

そんな時は、耳栓の代わりにティッシュやラップで手作り耳栓を作ってみたり、ノイズキャンセリングイヤホンを試してみることもおすすめします。

「耳栓」関連記事は>>こちら

#耳のしあわせラボ